Posted on Posted in R56

みなさんこんばんは!!

しゃっちょです☆

 

p1

 

もう寒いですね。今までが暖かすぎて、最高に仕事しやすかったんですが、まぁ本来の季節になったという感じで・・・

灯油コロナストーブの上で缶コーヒー温めたり、お餅焼いたりするのが楽しみです(^◇^)

 

e47e18c2cf

 

しかしこう寒くなると、車も寒いんでしょうね、朝一エンジンぶるぶるしたり、調子悪くなることが多いですね。

特にR56の前期。N14エンジン搭載のミニは、冷間時にかなりの負担がかかります。

エンジンが冷えているときは、しっかり暖機。もしくはいたわっていたわってゆっくり走行してくださいね☆

 

123c4e3a04

 

エンジンチェックランプや、ストール、エンジン吹けないといった症状には、いろいろ原因があると思います。

まず突然ブルブルしたら、イグニッションコイルが悪くなって一気筒お亡くなりになることも多いですね。

故障メモリーで、ブローオフバルブが載ることがありますが、これはブローオフバルブの内部のパッキンの破れですから交換が必要です。

それらではない場合は、やはり高額な高圧ポンプや高圧インジェクターなどが原因と考えられて、Dなんかでもすぐに20万前後の見積もりが上がってまいりますね。

TECH-Mでは、お客様に許可を得て、サブで持っているインジェクターや高圧ポンプを交換してみて、症状が改善すればそれをお見積りさせていただきます☆彡

しかし、最近それでも不調が直らない場合があります。

それは、タイミングチェーンの伸びによるバルブタイミングのずれ

です。

 

756fb73409

 

このお車は…

 

a0761d688f

 

先端をきっちり合わせて測ると、約一コマ、伸びが生じています。

このまま伸び続け、二コマ分くらい伸びてしまってら、バルブとピストンがクラッシュしてしまい、最悪の場合エンジン終了。エンジン交換またはオーバーホールが必要となり、同じminiちゃんが買えちゃうくらいかかります。。。”(-“”-)”

今回エンジン不調で入庫されたお車は、最終的にはアイドリングすらままならない状況でした。

もして、もうダメかもと思った極めつけは、エンジン内部より強烈なガラガラ音。

こらはエンジンブローの可能性もあると思ったので、腰上だけでも点検しようかとエンジンのふたを開けたら、タイミングチェーンのレールとなる、チェーンガイドが粉々になっていました。

 

5e5336de1e

 

カムも外しましたが、ベアリングはまだきれいでした★

異音の原因はタイミングチェーンが伸びたことで、チェーンが暴れてガイドを破壊してしまい、その破片がクランクシャフトやオイルポンプのスプロケットに噛んでしまって、ガラガラ言ってたんですね。。。

まぁよかったの一言。

 

ab6b1ac370

 

オイルパンもめくって破片をひとつづつ摘出していきます。

 

4b8512fb92

 

9f7cc84369

 

fa09a465c3

 

チェーン、ガイドのほかに
同時交換部品は、

 

0a8cb283c8

 

チェーンテンショナー、各パッキン類、クランク、カムボルト類、そしてエンジンオイルです。

大体総額で10万円からって感じなので、気になる方はお気軽にお問合せください☆
何かヒントになればと思います。

今回はインマニを外したついでもあり、TECH-Mエンジン洗浄も施工させていただきました。

 

d13465ac27

 

インレットバルブはやはり大変な事態・・・

しっかりキレイキレイして、もう驚くほどエンジンは絶好調です(^_-)-☆

 

1eea203b30

 

こうなる前にメンテしてあげたいものですね(^◇^)

なかなかお客様自身での判断が難しいと思いますが、エンジンオイルがよく減る、という方は一度見たほうがいいと思います。

エンジンオイルが漏れてもないのに減るということは、なぜか??

もちろんオイル上がりやオイル下がりもあるかと思いますが、バルブタイミングがずれるとバルブのオーバーラップが変わりますよね、そうなると一旦インマニに戻るブローバイがまた燃焼室内に戻りやすくなってしまい、また燃えてしまうってことも考えられそうですね。
冷間時のエンジンかけはじめなんかは、ブローバイもたくさん出ますから、いきなりアクセル踏んで加速なんてのは絶対しちゃいけませんよ(^^)/

ではでは~(≧▽≦)

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter