Posted on Posted in E46 M3, M2

みなさんこんばんは( ̄▽ ̄)

しゃっちょです✨

 

 

今日は、イケイケのRAYSさんが、TECH-MデモカーのマニュアルM2で、最新作のTE37 SAGAの取材をしに来てくれました✨

 

 

 

気合い入れてくれてますから、僕も気合い入れないと失礼‼️

なので、奮発してエンドレスのモノブロックキャリパー組みました(*^^*)

 

 

もうね、効きすぎて、道路動いちゃいそう(笑)

 

 

今週末 1日、2日のRAYSイベントに、このままM2にはSAGAをインストールしたまま展示させていただきます✨

 

とってもよく似合ってますので、是非遊びに来てください✨

試乗会も開催です✨

 

マニュアルM2を堪能してもらいたいと思ってます✨

よろしくお願いいたします✨

 

さてさて、今日もTECH-Mジオメトリー調整を一台‼️‼️

 

お車はE46M3です。

こちらのオーナー様は、とっても走るのが大好きで、サーキットを走ることを前提としたトータルバランスのセットアップをご要望いただきました✨

では、またまたセッティングのお話し✨

E46M3は、TECH-Mとしては1番得意な車です。

 

 

しかしながら、今の車と比較するとどうしても古さが出ますが、きちんと足の特性を理解していれば、面白いセッティングが出来ますよ✨

オーナー様に説明したのは、ストロークのお話し。

 

みなさんほとんどの方は、タイヤは走りながら上下に動いている、つまり、上下運動をしているって思ってます。

でも、実はE46の場合は違いました。

リアは、トレーリングアームというアームが前に伸びており、その先にトレーリングアームブッシュが付いている構造になっていて、そのブッシュを中心に動いています。

 

なかなか言葉で伝えるのは難しいですが、リアタイヤは上下運動ではなく、トレーリングアームブッシュを中心とした、アームが半径になる、円運動をしているって事です。

これがヒントです。

 

その円運動特性をうまく使い、どうストロークさせるかを考えながら前後のバランスを取っていきます✨

フロントは、車高をダウンしているため、そこそこキャンバーが付いていますから、絶対トーは規定値にするなんてありえません。
転がり抵抗を考慮して、トーを設定します。

手で押したら転がる車にしちゃいます

という事で、完成しましたが、まぁ目から鱗みたいでした✨

 

アクセルを抜いた瞬間、なんでこんなに転がるの??って。
抵抗を少なくしたセッティングに、とってもびっくりされていました。

そしてハンドリング。

 

TECH-Mスペシャルセッティングは、ステアリングを少し切るだけで車が自ずと曲がっていこうとする性質を与えてます。

小さい舵角でスコーンと抜けていく感覚は本当に気持ちいいものがありますよ✨

 

TECH-Mスペシャルセッティング
4輪トータルジオメトリー調整は、30000円(税別)で皆様それぞれを合わせたセッティングを提供させていただきます✨

 

よろしくお願いいたします✨

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter