Posted on Posted in E46 M3, オーバーホール

みなさんこんにちは、

しゃっちょです✨

 

 

今日のRAYSイベントもとっても盛り上がり、なんと、TE37がフルで揃うという事態に\(//∇//)\

 

 

撮影会は、とてもいい記念になりました✨

TE37. SL. TTA. SAGA. ULTRA. が揃いました✨

 

 

 

今日は、TECH-Mの新たな進化のお話です✨

 

TECH-Mお越しの皆様は、僕が1番思い入れの深い車は、E46M3だってことはご存知だと思います。

 

免許取る前から、BMW M3という車の存在は知っており、当時現行車両であったE46M3に搭載されたS54エンジンの評判の良さは、憧れでありました^_^

そして免許とって買った車はE46 の323i

 

いくらチューニングしても、M3の足下にも及ばない車でしたが、とってもカッコよく幸せでした。

当時は下手くそな走り屋で、峠で潰しちゃいました(´-`).。oO一発全損ってヤツです。

 

M3なんか乗ったら、もっと大事故なんかしちゃって、命も危ないだろうなって諦めかけました(TT)

でも、やはり憧れのM3、なんとか届かないかと頑張りましたが届かず、

 

2代目はE46 328i

少し速くなりましたが、やっぱりM3が諦めきれない。。

我慢できなくて、どうしようもなくて、フルローンをさらにオーバーローン組んでもらって買ったのが、今あるフェニックスイエローのM3でした。

 

 

当時20歳でした。

 

 

その時から、この車は一生乗るぞって決めて、何度も手放しそうな危機はありましたが、頑張りました。お金がないので、出来ることはなんでも自分の手でチューニングしたり、修理したりしたくて、BMWの、正規ディーラーに入社しました。

 

その時に決めたこと、それは、自分でこのS54エンジンをオーバーホール出来るようになるぞ!!

って。

でも、オーバーホールって簡単なことじゃないんです。

 

しかも、今はディーラーでは、ほとんどがエンジン交換。学べると思っていたのに、まったくエンジンオーバーホールについては学べませんでした。。。

 

ただ単に組みつけるだけならどこでも誰でもできますが、最も難しいのは、エンジンの各部をちゃんと測定するって事。

測定出来ないとどこが悪くなってるかもわからないんです。
そして、測定出来ないと、次に買うベアリングやメタルの購入が出来ないんです。

 

その測定もマイクロメーターを使った超精密な測定。

そしてこの測定に1番大切なのは、温度管理なんです。

 

20度に安定して設定されたクリーンルームで測定した数値が基準になります。
つまり、このBMW史上最も優れていると言われた量産エンジンをオーバーホールするには、絶対必要なクリーンルーム。

 

BMWへ、E46へ、M3への礼儀として、クリーンルームを作ってからでないとオーバーホールはしないぞって決めました。

そして、去年末ついに夢であったクリーンルームがTECH-Mに完成し、夢であったE46M3のオーバーホールを、自分自身の手で心と時間を込めて出来る環境が整いました(*^^*)

 

 

 

早速ご注文を受けましたE46M3 エンジンオーバーホール。

 

 

このお車は走行距離約15万キロ。

 

オイル交換もマメにしてはおられましたが、どんどんエンジンが重くなっていき、最後にはエンジンがかからなくなってしまいました。
クランクシャフトがすごく回り悪く、セルモーターの力では回せなくなりました。

 

焼き付きではなく、メタルの棚落ちでしょう。

 

必ず直しますと約束しました。

 

 

早速エンジンを下ろし、クリーンルームへ!!

もぅワクワクが止まりません!!

 

 

時間を忘れて作業に没頭できるように、時計を付けないことに決めました(笑)

 

空いた時間に少しづつ作業し、バラしていきます。

VANOS、カム、チェーン、ヘッド

 

 

 

 

 

 

オイルパン、オイルポンプ、、、

 

どんどんバラしていきます。

 

 

ピストンを抜いた時、エンジンの重たい原因が判明。

コンロッドメタルの棚落ちです。

 

 

 

コーティングされたベアリングの表面が、コーティングがめくれて土台が出てしまい、回転抵抗が大きくなっています。

ピストンヘッドは、しっかり洗浄し、バーナーで完全乾燥させて、オイル紙に包んで、ジップロックで保管です(#^.^#)

 

 

クランクシャフトメタルは大丈夫でした。

憧れのクランクシャフトです。

 

 

フルカウンターの、とてつもなく重たいクランクシャフトです。

持った瞬間、これを8500回転まで回すのかと、とんでもない事だなぁと思いました。

バラシが終わったら、一番大切な測定です。

 

 

 

20度に設定されたクリーンルームで、行います。精度も抜群です☆

そして注文したパーツが揃います。

 

 

すごい量です☆

洗浄も手を抜いてはいけない大切な事です。

 

 

 

もちろん、ヘッドもバラして、ダメなものは交換、洗浄をしっかりやりました。

 

 

バルブも顔が映るまで鏡面加工しました。

 

 

心を込めて組みました。

バルブのすり合わせも、入念にさせていただきました。

 

 

 

ポートは、出来る限り研磨し、洗浄しました。

 

 

腰下が組みあがりました。これが組めたらほとんんどエンジン出来たようなもんです。

 

 

この時点で、とっても軽く回り驚いています。

 

 

ベアリングは、一つ一つプラスチゲージでクリアランスをチェック。バッチリ精度出てます!!

 

 

 

完璧なクリアランスです(*^▽^*)

次はヘッド!!

どんどんエンジンを組み上げていきます☆

 

 

バルタイもバッチリです☆

 

 

 

パワープーリーも一緒に交換です☆

かからないってことはありえません。なぜなら、バルタイも合ってて、圧縮もきっちり出てるから。

でも、エンジン重かったらどうしようとか、吹け悪かったらどうしようとか、やはり不安はありました。

そしてエンジンを載せました。

 

 

エンジンは番頭が載せてくれました。手際よく組み上げてくれました。流石です。

 

 

そのエンジンが、今、すんごい勢いでセルが回り、すんごい軽さで吹けて、新車以上と言っていいくらいのレスポンスで8000回転までブン回って、そして、信じられないくらいアイドリングも安定しています。

 

本当に本当に幸せです。

このM4やM2のようなダウンサイジングターボエンジンが主流となってる今の時代に、あのE46 M3の高回転大排気量NAエンジンを、慣らし運転出来る喜び。

新車のE46M3を手に入れたような感覚です。



お客様の車ですが、何よりも想いが乗りました。

僕の夢がかないました。(T_T)

 

 

S54にお乗りの方は、みなさん口を揃えて、この官能的な高回転エンジンは最高とおっしゃいます。

 

しかし、組み上げたエンジンは、全くの別物です。新車の頃のS54は、こんなに凄かったのかと気付きました。
もしかしたら、新車よりも各部のフリクションが少なく、新車以上に回るかもしれません。

 

まだまだ、まだまだ、最新のNAエンジンと渡り合えるフィーリングが出ました✨

GT3の9000回転エンジンみたいな、すんごい回り方。

 

 

昨日の晩、100キロほど走らせてもらいました。

こんなに気持ちよく回るS54は、乗ったことがありません。

 

まるで呼吸をしているような息吹を感じるエンジン。

まだまだいけます。S54は永遠に不滅

 

その真髄を、TECH-Mは提供出来るようになりました。

 

早速、また次のエンジンです✨

まだまだ眠れぬ楽しい日々が続きます✨

ご興味ある方は、是非ご連絡ください✨予算に合わせたTECH-Mオーバーホールを、提案させていただきます✨

 

 

ちなみに、今回のエンジンオーバーホールは、

ベアリング類、パッキン類、ボルト類全交換

全部品洗浄

バルブ鏡面加工

ポート研磨(簡易)、洗浄

エンジン脱着

全てで100万円弱といったところです。

 

100万あれば、最高のエンジンが手に入るって事です。

 

これからM3に乗ろうって方、安心してください。

 

まだまだM3に乗ろうって方、安心してください。

大好きなS54にずっと乗り続けられるのは、僕にとっても最高の幸せです✨

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter