Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

 

本日からTECH-M、通常営業となります。

よろしくお願いいたします。

 

 

本日は、M2のお客様にたくさんご来店いただいております!

 

 

 

M2へ、 TECH-Mストレッチ スパイスプラス

 

施工させていただきました。

 

 

お客様からのご紹介で、TECH-Mストレッチにご関心をいただき、

名古屋より、ご来店いただきました!

 

作業風景に、他のM2オーナー様も興味津々です♪

 

 

 

 

TECH-Mストレッチをわかりやすく説明いたしますと、

 

 「静止状態のサスペンションの付け根に掛かっているストレスを開放してあげる」

 

というのが基本になります。

 

 

人間の柔軟体操 「ストレッチ」 をイメージしていただけるとよりわかりやすいかと思います。

 

 

これは、

車高調やダウンスプリングで車高を下げた場合、サスペンションアームに突っ張りが生じるため、

それを開放してあげるという、

いわゆる 1G締めなおし という作業になります。

 

 

 

しかし、TECH-Mストレッチは、

「TECH-Mストレッチ スパイスプラス」

という形に進化しております!

 

 

これは、サスペンションアーム付け根の ブッシュ と呼ばれる部品について、

 

 ブッシュそのものの諸特性

 ブッシュ箇所毎の車両運動に対する影響

 締め付け位相によるサスペンションジオメトリー変化

 

を測定、分析し、

各部のブッシュが持つ能力を積極的に利用するというものです。

 

 

そしてそれは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 にあわせて、

各部のブッシュの能力の出し方を調節することで、

 

 「高速道路でのフワフワ感を抑えたい」

 「コーナリング中のロールを減らしたい」

 「吸い付くような接地感がほしい」

 「マンホールの上などでの突き上げが気になる」

 「車高調の減衰設定がなかなか決まらない」

 「車高を落としたが、同乗者から乗り心地のクレームが来る」

 「車高調を入れたいが、ローダウンスプリングの設定しかない。

  でも、純正のダンパーではいまいち役不足…」

 

といった、多種多様なご要望に対して、

お客様にとっての最適な乗り味や車両特性にセッティングさせていただく、

TECH-M自慢の看板サービスです!!

 

 

足回りに関するお悩みやご要望でご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください!

 

もちろん、M2、M4、R56でデモカーを準備しておりますので、

ご体感ください☆

 

 

 

 

F36は、 エンジンオイル交換 松コース 、

 

E92 M3は、 エンジンオイル交換 松コース と ミッションオイル交換 をご依頼いただきました☆

 

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の8割の皆さまにご愛用いただいております、松コースオイル!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドしております☆

 

 

松コースオイルの交換サイクルは 10,000km に設定させていただいており、

そのロングライフ性エンジン保護性能などの素性の高さは、

 

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

 

という、ご愛用者のお言葉に裏付けられております♪

 

 

 

 

F36のお客様は、 コーディング デイライト光量変更 をご依頼いただき、

 

コーディング担当の私、平家が、施工いたしました。

 

デイライト光量は、初期設定値が100%発光となっており、

強い日差しの中でも、車両の存在を明確に示すために、

非常に強く光るように設定されております。

 

そのため、

曇り空の下での走行などの、直射日光が当たらない環境では、

歩行者や対向車がまぶしく感じる場合があります。

 

見た目としても、ギラつきすぎているように感じます。

 

 

そこで、デイライト光量変更をさせていただくと、

歩行者や対向車へのまぶしさを抑えるとともに、

ギラついたリング発光を、上品な明るさにすることができます。

 

 

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter