Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

連日、たくさんの皆さまにご来店いただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

R57は、 車検お見積もり をご依頼いただき、

TECH-Mにて車検させていただくことになりました。

 

 

 

 

F20は、 グリルMライン をご依頼いただきました。

 

 

 

 

F32は、 コーディング デイライト をご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

 

 

 

こちらのF82 M4は、 コーディング デイライトOFF 、 ドアロックミラー格納連動 、

バック時ミラー降下角度変更 をご依頼いただきました。

 

 

LCIモデルになり、

日中走行時の安全性向上が認められ、デイライトの点灯が標準になりましたが、

こちらのお客様は、

 デイライトは必要なく、見た目的に消したい

とのご要望でしたので、

コーディングにて消灯させていただきました。

 

 

コーディングでは、このように、

今まで無かった機能を追加する こともできますし、

今までの機能を変更する こともできますし、

今ある機能を削除する こともできます!

 

 

お車のモデル、年式、オプションの装着状況により、

コーディングで対応可能な範囲は変わりますので、

ご興味のある方は、一度お問い合わせお願いいたします♪

 

 

 

 

E39は、 TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 いたしました。

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整では、

アライメントテスターという設備を使用するものの、

一般的な 「アライメントをとる」 という概念からは大きく異なるメニューとなっております。

 

 

純正のサスペンションは、

  全世界のあらゆる 「」(舗装路、未舗装路、うねり…) を、

  あらゆる 「ユーザー」(老若男女…) さまが、

  あらゆる 「ステージ」(街乗り、ワインディング、高速道路…) で、

  あらゆる 「シチュエーション」(ショーファードリブン、家族ドライブ、1人ドライブ…) でドライビングされることを想定し、

 

それらすべての状況の中で、十分なマージンを持たせた上で、バランスを取るように設計されております。

 

そのため、

  良く言えば 当たり障りのない乗り味、  悪く言えば 車の持つ良さが隠されている

ともいえます。

 

 

そこで、TECH-Mでは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 をヒアリングさせていただき、

さらに、そのお車が持つ基本的な 「特徴」 や 「クセ」 を勘案し、

最適な アライメント値 を設定させていただき、

そのお車が持つポテンシャルを引き出させていただく、メニューとなります。

 

 

このメニューが 「TECH-M4輪トータルジオメトリー調整」 という名称なのも、

装着されている車高調や、設定されている車高、サスペンションストローク量から、

サスペンションがストロークして変化するアライメントを考慮して設定することが由来となっております。

 

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整を施工させていただき、

 「車がストレスなく走っているのがわかる!」

 「まっすぐ走っているだけでも違いがわかる!」

 「コーナーがすごく楽しくなった」

 「コーナーの奥で舵が利くようになった!」

といった、ご評価をいただいております。

 

もちろん、乗り味のみならず、タイヤの偏磨耗や燃費の面でも、

 「本当に良く転がるようになった!」

 「タイヤが均等に減るようになって、持ちが良くなった!」

とのご評価もいただいております♪

 

 

 

そして、納車前の GYEON洗車 にて仕上げさせていただきました☆

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後のドアノブを触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

小さな虫たちが、ボンネットの上で ドリフト走行 してしまうほどです☆

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

 

 

F82 M4は、 エンジンオイル交換 松コース をご依頼いただきました。

 

実は、TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の8割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

 

R55は、 バルブステムシール交換 と エンジン洗浄 をご依頼いただきました。

 

R56系では、パルブステムシールからのオイル下がりにより、

エンジンオイルの過剰消費や、マフラーからの白煙の発生という症状が、

発生しやすいお車です。

 

しかも、オイル下がりを起こしたエンジンオイルは、

バルブを伝って、エンジンの燃焼室内に流れ込みます。

 

 

すると、、、

 

 

たくさんのオイルが燃焼室内に燃え残り、

カーボンスラッジという形で、

バルブの傘の部分や、ピストントップにどんどん堆積していき、

 

 吸入空気量の減少、燃焼室容積の減少

 

により、正しく燃焼せず、

 

 アイドリング不調、エンジン出力の減少など、

 

コンディションの悪いまま乗り続けますと、

エンジンに深刻なダメージを与えかねません。

 

 

 

そこで、オイル下がりの原因箇所である バルブステムシール を交換するのですが、

 

通常、

 

 クーラントを抜き、エンジンからヘッドブロックを取り外し、ヘッド周りをバラバラに分解し、

 問題のバルブステムシールを交換し、ヘッド周りを組みなおした上で、

 エンジンを組み立てなおし、クーラントを注水、、、

 

という、

非常に作業工程が多く、時間も掛かるため、

お車のお預かり時間も長期間掛かり、工賃も高くなってしまいます。

 

 

といいますのも、

バルブステムシールを取り外す際に、バルブスプリングを取り外すことになるため、

バルブスプリングで保持されていたバルブが、

燃焼室内に落下してしまいます。。

 

 

 

そこで、TECH-Mでは、

特殊な設備を使用して、バルブを燃焼室側から押さえることで、

 

 ヘッド周りを分解することなく、問題のバルブステムシールを交換

 

という、

 

大幅に工程を短縮して、バルブステムシールの交換を行えるようになりました。

そのため、作業時間もずいぶん短縮され、工賃もお安くなっております!

 

 

 

また、 エンジン洗浄 では、

バルブステムシールの劣化により垂れ下がったエンジンオイルや、

燃焼ガスに長期間さらされることにより、

バルブやピストン、燃焼室は、

カーボンスラッジがテンコ盛りに付着しています!

(白煙症状を訴えられるお客様のお車のエンジンで、

 バルブステムシールの劣化が原因の場合、

 もれなく、このような状態になっております。)

 

これを、

 

 

このように、洗浄させていただくことで、

エンジン本来のコンディションを回復させることができます!

 

 

エンジンオイルの減りが早いお車、

マフラーから白煙が見えるようになってきたお車、

バルブステムシール交換 と エンジン洗浄は、TECH-Mへご用命ください♪

 

 

 

 

E46 M3は、 フロントハブベアリング交換 いたしました。

 

こちらのお車も、お預かり作業となっておりましたので、

GYEON洗車 にて、仕上げいたしました。

 

 

 

皆さまのご愛車を、

最新の科学技術満載の GYEON で、労わってあげてみてはいかがでしょうか?

 

在庫準備できておりますので、ぜひお問い合わせください!

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter