Posted on Posted in BMW, X1, X4

みなさんこんばんは!

 

 

しゃっちょです

 

 

今日は完璧な予定調和で安定した一日でした!(^^)!

 

 

お客様皆さま予約時間きっちりにお越しいただけて、作業も予定通り

 

たまーにそんな日があるとホッコリ。ブログ書こうと思います(笑)

 

 

 

 

 

最近、みんカラも皆様の投稿もへってる気がするのですが、やはり流行りには、落ち着くところも絶対に来ますよね。

 

だからこそ、ホームページで別のブログも展開しているわけですが、見る事たくさんで大変ですね(笑)

 

 

 

 

 

すみませんが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします☆

 

 

 

 

 

本題に入りたいんですが、先に言いたいことありました!!

 

 

 

 

E46M3に搭載されているS54エンジンのVANOSのフィリスターボルトが、また破断している車に遭遇しました(>_<)

 

 

 

 

 

 

S54乗りの皆さん、そろそろ診ておいたほうがよろしいかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

うちでは別でVANOSのオーバーホールもやってますから、

 

 

 

まだまだ長く乗りたいって方はぜひお問い合わせください☆

 

 

 

パッキン類もすべて交換して、45000円(税別)でボルト交換できますヨ☆

 

 

S54は永久に不滅!!(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本題!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といきたいところですが、、、

 

 

TECH-M M2Rが チューニングの神のもとから帰還し、壮絶な進化を遂げました!!

 

 

 

 

何と、 実測で422馬力 トルク60キロ

 

 

 

 

 

 

うひゃー!!

 

 

 

恐ろしく速い。。峠では、浅田真央と化します(笑)

 

 

 

エキゾーストはアクラボビッチ、ダウンパイプまでストレートにした男の直管仕様!!

 

 

爆発的に速いです。

 

 

どうしましょうか・・・

 

 

とりあえず、次回しっかり上げるとして、、、、

 

 

M2Rから、  M2 GTS に名前を変更したい。  でも世界的にバッシングウケル??

いや、うちなんか大丈夫か。そうなのか??

 

 

小文字ならいいか??  M2 gts  (笑)  なんか遅そう・・・

 

M2 GTR はちょっと調子に乗り過ぎてるし・・・

 

なんかないですか??

 

 

っていっても、このM2

 

 

 

 

 

M4GTSのフロントアクスル入ってるし、M4GTSカーボンボンネットにカーボンルーフ。2シーター。羽付(笑)

 

420馬力に トルク60キロ

 

マニュアルで

 

前後に10.5Jはいて、タイヤサイズ295を前後で通しで履いてるM2ですわ。

 

 

かなり頑張ってます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そろそろいいかな。  なんかノリがtakaさんみたいになってきました(笑)

 

 

あ、takaさん、呼んでませんからね(*^▽^*)笑

 

 

 

 

 

今日の本題です☆

 

前回ブログで書いた、時代はSUV、流行りはSUV。これはもう間違いない。

 

 

ドルトさんの吉田社長も、スタディーさんのボブ鈴木社長も、SUV乗ってらっしゃる、これには、TECH-Mも続け!!って事で、考えました。。。

 

 

 

BMWのSUVといったら、Xシリーズ。 X1,X3,X4,X5,X6としっかりとしたラインナップがされているではありませんか。。。

 

 

カッコイイのはX6。

 

 

 

実用的でかつカッコいいのはX5。

 

 

 

スタイリッシュなのはX4。 

 

 

モデルチェンジですごく存在感があるX1。

 

 

 

昔からあるX3。

 

 

 

 

なんか、X3以外はそのままでも面白そうだし、X3以外はなんか特別な感じがする。

 

 

X3は普通。 普通に使い勝手良いし、普通にカッコイイし、ちょうどいい普通のサイズ感。 女性でも普通に乗れるし、普通に売れてる。

 

 

普通に、X3を買って、TECH-M的なニュアンスで色々いじってみたい。

 

 

 

そんなこんなでずっと考えていました。

 

 

するとどうでしょう。ついにX3Mが発売されるという話が飛び込んできました!!!

 

 

 

スゲー!!

 

 

TECH-MはやはりたくさんのM乗りのお客様がお越しいただく場ですから、X3Mなんてドンピシャじゃん!!って思っていまして、コッソリ注文しちゃおうかなんて思っていました☆

 

 

 

 

そんな時に、しゃっちょ、東京へ行く~

 

 

 

を決行いたしました。

 

 

そして世田谷でフラット入った、

 

 

とあるデーラーでNami専務が見つけた車・・・・・

 

 

 

 

 

なんだこれ??

 

 

 

むちゃくちゃカッコいいぞ??

 

 

 

 

 

 

 

Nami専務が、これ欲しい!!って、初めて車でそんなこと言いました。それほど衝撃的な存在感。

 

 

 

 

 

 

そう、アルピナ XD3 。 世界最速のディーゼルSUV。 180台限定車。

 

しかも、さらに限定の、ブラックエディション。

 

 

なるほど、ここは盲点でした。。。ディーゼル。そうなんです、最先端の技術に触れれるんです。流行りのSUVだけにとどまらず、最先端のディーゼルエンジンまで勉強することが出来る車が、真ん前にありました。。。

 

 

 

 

 

しかし、僕は一つ納得がいかなかった。

 

 

 

アルピナは、アルピナラインが入っていてこそのアルピナ。と思っている僕。

 

 

 

 

 

 

こんな真っ黒のアルピナは、どこからどう見てもアルピナじゃないじゃん!!

 

これではアルピナを買う意味がない気がすると思い、Nami専務に説明。

 

 

 

欲しいのは分かるけど、これはアルピナらしさに欠けるから、諦めよう。ね??それに、高いし(笑) ね??

 

 

 

なんて言いながら、少しづつなみのテンションを下げていって、イイ感じで落ちついて来たな~って感じたその刹那・・・・・

 

 

 

 

 

アルピナの店員さんが

 

 

「ブラックエディションですから、アルピナラインが、ブラックで入っています。」

 

 

 

・・・

 

 

は??

 

 

ブラックでアルピナライン???

 

 

 

目をこらしてボディー見ました・・・・

 

 

 

マジかよ...ブラックボディーにブラックのアルピナラインが貼ってあるではありませんか・・・

 

 

 

 

 

この粋な計らいに、イチコロで骨抜きにされてしまいました(笑)

 

 

 

「このシールを、買います(爆)」

 

 

 

 

という事で、その場でデポジットいれて車両キープし、先週、僕の古巣であるディーラーで、

 

 

アルピナ XD3 ブラックエディション 黒いシール付き

 

 

 

 

を納車するに至りました。

 

 

普通のX3ではなくなりましたが、このXD3で、SUVをしっかり勉強していきたいと思います。

 

 

 

 

 

まずは脚廻りからですね。

 

 

純正で、どこまで詰めれるか。やってみたいと思います☆

 

 

 

それでは皆様、クロピナちゃん。どうぞよろしくお願いいたします☆

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter