Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

日中は暖かい1日でしたね☆

今日もご来店ありがとうございます!

 

 

 

 

 

三重からお越しで、
TECH-M車検 でお預かりの R56は、

ブレーキフルード交換 、

 

ミッションオイル交換 いたしました。

 

車検整備として、ご依頼いただいておりました、

油脂類交換で、リフレッシュです♪

 

 

 

 

 

F20は、 エンジンオイル交換 松コース ご依頼いただきました。

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

 

 

滋賀からお越しの R60は、

エンジンオイル交換 松コース ご依頼いただきました。

 

TECH-Mでminiのエンジンオイル交換をさせていただく場合、

上記の写真のように、お車を傾けてエンジンオイルを抜き取るという、

独特の手法を採用しております。

 

これは、miniのエンジン・オイルパン形状を考慮し、

確実に、よりたくさんのエンジンオイルを抜き取るために、

TECH-Mが独自に編み出しました!

 

 

TECH-Mでは、

こだわったエンジンオイルをご提供させていただくだけではなく、

エンジンオイルの抜き方にもこだわりを持って、

作業させていただいております☆

 

 

 

 

 

岡山からお越しで、

TECH-M車検 でお預かりの F82 M4は、

車検整備として、

 

デフオイル交換 いたしました。

 

F80 M3 , F82 M4 , F87 M2のデフオイルは、

かなり特殊なオイルとされており、

特に、F87 M2のデフは、

BMWが車両のデリバリーを一時止めて、デフオイルを再開発したほど、

使用するオイルを選ぶことが知られております。

 

そこでTECH-Mでは、純正デフオイルを使用しておりました。

 

しかし、

純正デフオイルは、1リッターおよそ1万円します。

 

そこでTECH-Mでは、

TECH-Mスペシャルブレンド デフオイルをご提供しております☆

 

このデフオイルは、

純正オイルと比べても、なんら違和感も無い、

コストパフォーマンスにも優れたデフオイルです。

 

定期的なオイル交換が必要な、M車のデフオイル交換は、

TECH-Mへご依頼ください♪

 

 

 

また、 ミッションオイル交換 いたしました。

 

DCTオイル交換後は、

DCTの学習を実施いたしました。

 

通常、車両コンピュータは、

そのお車の走行距離や走らせ方のクセなどを元に、

クラッチの磨耗量を予測して、

ミートポイントを自動的にアジャストしています。

 

しかし、

実際の磨耗量を測定しているわけではなく、あくまで予測なため、

次第に、最適なミートポイント位置と、

コンピュータが認識しているミートポイント位置にズレが生じてきます。

 

その状態が進行すると、

シフトアップ時、シフトダウン時のミートで、半クラッチのようなスベリ状態が起きたり、

ゼロ発進時の半クラッチ時間が長くなることから、

無用なクラッチの磨耗を助長しかねません。

 

そこで、TECH-Mでは、

SMGやDCTなど、

車両コンピュータによるクラッチ制御を行っているお車に対して、

診断機による、定期的な学習を実施させていただき、、

そのズレをリセットすることをおススメしております。

 

ミッションオイルの交換の際に、

同時施工させていただくことをご提案しております♪

 

 

 

そして、 大容量2層インタークーラー 、 チャージパイプ 取り付けいたしました。

 

F80 M3 / F82 M4のS55エンジンは、

6000回転から上の回転は、トルクが薄くなっていくので、違和感を覚えることがあります。

これは、吸入空気量が不足していることが要因のひとつです。

 

ターボ車は、

ターボにて吸入空気を圧縮してエンジンに送り出しますが、

ボイル・シャルルの法則により、

圧縮した分だけ、吸入空気温度が上昇します。

 

対して、

吸入空気温度が上昇することで、燃焼に必要な 酸素量 は減少してしまうため、

ターボで吸入空気を圧縮している割に、パワーが出てこないという、

ジレンマが生じてしまっています。

 

この不足している吸入空気量を増やすためには、

吸気温度を下げ、密度を増加させることが必要です。

 

この2層大容量インタークーラーは純正比で、

 冷却効率 150%UP!

 空気容量 60%UP!

 吸気抵抗 削減!

 集合部口径 UP!

 集合部形状 改善!

となっており、

しっかり冷やした圧縮空気を、抵抗無くエンジンに送り込むことができるため、

低速レスポンスが向上し、6000回転以降の伸びが改善します☆

 

 

 

さらに、

今回導入いたしました、 大容量インタークーラー により、

ある部分の吸気抵抗が表になってきます。

 

それが、 チャージパイプ です!

 

こちらの写真が、 純正チャージパイプ です。

 

エンジンルームの空間の狭い部分で、

純正は、これだけパイプ径が絞られてしまっており、

高回転時にこのくびれ部分が、 大きな空気抵抗 となります。

 

そこで、こちらの チャージパイプ をご提案しております。

 

この チャージパイプ は、

パイプ径を絞ることなく、うまくレイアウトすることができますので、

高回転でのパワーの伸びが改善することと同時に、

サブコン や DMEチューニング などで上昇する 過給圧 に対して、

パイピング抜け  パイプ破断 未然に防ぐことができます。

 

 

サブコン取り付け や DMEチューニング などをご予定、

もしくは、すでにされている方は、

ぜひご検討ください♪

 

 

 

 

 

三重からお越しで、

TECH-M DMEチューニング でお預かりしております、

F80 M3は、 K&Nエアフィルター 交換いたしました。

 

K&Nエアフィルターは、

純正エアクリボックスはそのままに、

高回転での吸気抵抗を削減し、パワーの伸びを向上させる、

エアインテークフィルターです!

 

純正のエアフィルターが乾式フィルターであることに対して、

K&Nエアフィルターは湿式フィルターですので、

汚れれば、洗浄して、繰り返しお使いいただける、

コスト性能を両立した、おススメのエアフィルターです!

 

 

 

そして、

明日のご納車に備え、 GYEON洗車 にて私、平家 が仕上げいたしました。

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後のドアノブを触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

その良く滑るボディは、拭き取り時のクロスの滑りも良くしますので、

拭き取り作業が快適に、そして、拭き取り時のキズをも防ぎます!

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 快適な拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

ご愛用いただいているお客様からも、

 

 虫汚れがものすごく取れやすい!

 雨の中を走っても、水滴がどんどん飛んでいって、ボディに残らない!!

 ボディの汚れが雨で取れる!

 洗車が楽になった!

 

と、皆さま効果を実感されております☆

 

GYEON在庫準備しておりますので、

ぜひお求めください!

 

 

 

 

 

F82 M4は、

 

エアロ取り付けのご相談をいただき、

 

コーレンストッフ フロントリップ 、

コーレンストッフ リアディフューザー 、 コーレンストッフ リアスポイラー ご依頼いただきました。

 

 

取り付けますと、

 

 

 

見た目と性能を高い次元で両立させた、

カッコいいM4の完成です♪

 

 

 

 

F10は、 コーディング デイライト ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

デイライトは、

現行生産車では、標準装備となった、

ファッショナブルな安全装備です♪

 

 

 

 

オルタネータ交換 、 スロットルアクチュエータ交換 でお預かりの E92 M3は、

コーディング 運転席シートベルト警告音消去 、 ドアロックミラー格納連動 、

シートベルトハンドオーバー停止 ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

こちらのお客さまは、E92に搭載されている、

シートベルトを前方にガイドし、掴みやすくする、

ハンドオーバー機能に違和感を感じておられましたので、

コーディングにて、停止させていただきました♪

 

 

 

 

 

E92 M3は、 コーディング バルブチェックキャンセル ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

こちらのお客さまは、

左ウインカーのハイフラッシャー動作バルブチェックランプの点灯でご来店いただきました。

 

お車を確認しますと、ウインカーがLED化されたテールユニットを装着されておりましたので、

それに合わせて、バルブチェックキャンセルを施工いたしました。

 

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

朝晩の冷え込み と 日中の暖かさ という、

温度サイクル試験のような気候が続いております。

 

皆さま、服装栄養バランス体調管理に一段とお気遣いいただき、

余裕を持って、安全なドライビングを心がけましょう♪