Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

今日もいいお天気でしたね♪

今日は、F80 M3 JAHREのお客さまが以前お乗りだった、

F80 M3と再会するという、奇跡の現場に立ち会えました!

 

今日も作業ご依頼、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

岡山からお越しで、

TECH-M車検 で本日ご納車の F82 M4は、

コーディング デイライト 、 アイドリングストップメモリー 、 ドアロック時ミラー格納連動 、

ドアオープン時イグニッションOFF ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

こちらのお車は、

ディーラーでのプログラミング作業により、コーディングがリセットされておりましたので、

その再コーディング作業と、

加えて、

ドアオープンによるイグニッションOFF機能を有効化することにより、

いままで、

 

 ボタン操作 ⇒ エンジンOFF・イグニッションON ⇒ ボタン操作 ⇒ イグニッションOFF ⇒ ドアオープンで車外へ

 

というボタンの2度押しが必要だったものを、

 

 ボタン操作 ⇒ エンジンOFF・イグニッションON ⇒ ドアオープンでイグニッションOFFで車外へ

 

と、ボタン操作1回で済むようになる、

おススメコーディングを合わせて施工させていただきました!

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

滋賀からお越しで、お車お預かりの F82 M4は、

大容量ヒートエクスチェンジャー 装着いたしました。

 

 

インタークーラーを大容量化すると、

ターボで圧縮された吸気の熱を奪えるようになるものの、

その奪った熱を逃がすところが重要になってきます。

 

そこでご提案させていただいているのが 「大容量ヒートエクスチェンジャー」 です!

F80 M3 / F82 M4のインタークーラーは水冷式なので、

そこで奪った熱を、ヒートエクスチェンジャーによって、外気に逃がしています。

 

この大容量ヒートエクスチェンジャーによって、インタークーラーで奪った熱を、

効率よく外気に放出できるようになり、熱ダレを防ぎますので、

熱を持ちやすくなるワインディングでの走行やサーキット走行はもちろんのこと、

高速道路での長距離ドライブにも効果的です!

 

 

 

また、 KWアーム2基掛け いたしました。

 

 

従来からご案内しておりましたとおり、

リアのトーコントロールアームをこちらのアームに変えることで、

ブッシュの大き過ぎるヨレが原因の、

トラクション時のトー変化によるリア挙動の不安定感が解消できる

耐久性も不安のない、KWアームでしたが、

 

同一部品であることが分かった、

リアロアアームへも同じくこのKWアームに置き換えさせていただくことで、

コーナー進入時のトー変化も抑えることが可能になり、

よりプレシジョンの高い挙動を得られます!

 

 

 

 

 

お車のモディファイ でお預かりの E46 M3は、

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 いたしました。

 

こちらのお車は、

TECH-Mオリジナルサスペンションキット 装着させていただいておりますので、

ピロアッパーによる、キャンバー調整も併せて実施しております☆

 

 

 

 

宮崎からお越しで、お車お預かりの F80 M3は、

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 いたしました。

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整では、

アライメントテスターという設備を使用するものの、

一般的な 「アライメントをとる」 という概念からは大きく異なるメニューとなっております。

 

 

純正のサスペンションは、

  全世界のあらゆる 「」(舗装路、未舗装路、うねり…) を、

  あらゆる 「ユーザー」(老若男女…) さまが、

  あらゆる 「ステージ」(街乗り、ワインディング、高速道路…) で、

  あらゆる 「シチュエーション」(ショーファードリブン、家族ドライブ、1人ドライブ…) でドライビングされることを想定し、

 

それらすべての状況の中で、十分なマージンを持たせた上で、バランスを取るように設計されております。

 

そのため、

  良く言えば 当たり障りのない乗り味、  悪く言えば 車の持つ良さが隠されている

ともいえます。

 

 

そこで、TECH-Mでは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 をヒアリングさせていただき、

さらに、そのお車が持つ基本的な 「特徴」 や 「クセ」 を勘案し、

最適な アライメント値 を設定させていただき、

そのお車が持つポテンシャルを引き出させていただく、メニューとなります。

 

 

このメニューが 「TECH-M4輪トータルジオメトリー調整」 という名称なのも、

装着されている車高調や、設定されている車高、サスペンションストローク量から、

サスペンションがストロークして変化するアライメントを考慮して設定することが由来となっております。

 

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整後は、

 

 

赤色表示(規定値から外した値)が並びます!

これが、TECH-M4輪トータルジオメトリー調整です☆

 

規定値から外すのが目的ではなく、

求める特性を与えるために設定した結果です。

 

 

施工後は、お客さまへ、

規定値調整前調整後のデータをまとめた、

測定結果シート をお渡しさせていただき、

 

規定値狙っていること

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整前お車の状態

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整後お車の仕上がり

 

を、ご説明させていただき、

お客さまご同乗の試運転にて、その仕上がりをご体感いただきます♪

 

 

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整にご興味のある方は、

TECH-Mまでご相談ください♪

 

 

 

 

 

R56は、 オイルエレメント ハウジングガスケット交換 、 ミッションオイル交換 、

エンジンオイル交換 梅コース 、 インテークエアフィルター ご依頼いただきました。

 

 

 

写真中央の部品がエレメントハウジングです。

 

エレメントハウジングを取り外しますと、

ガスケットが硬化し、オイルの保持が出来なくなっていることがわかります。

 

ガスケットを交換し、組み付けます。

 

高温のエンジンオイルに常に接する部分ですので、

どうしても経年劣化が起きてしまう、消耗部品です。

 

バルブステムシールエレメントハウジングガスケットは、

交換履歴のないお車の場合、

一度点検されてみてはいかがでしょうか?

 

点検、交換作業は、TECH-Mへお任せください♪

 

 

 

作業後は、 エンジンオイル交換 梅コース 作業しております。

 

TECH-Mでは、

エンジンオイルを 「松コース」 「竹コース」 「梅コース」 をご準備させていただいており、

 

ご依頼いただいた 「梅コース」 では、

ディーラーで提供しているエンジンオイルよりも高性能リーズナブルな、

ガルフレーシングオイルを使用いたします。

 

安価なオイルとは思えないほど、

とても良好なエンジンフィールを得られる、お勧めのエンジンオイルです!

 

 

 

インテークエアフィルター交換では、

新旧は、言わずもがなですね!

 

良いエンジンの3大要素の1つである、良い混合気を得るためにも、

目詰まりしてしまっているインテークエアフィルターは、

リフレッシュが必要です☆

 

 

 

 

 

三重からお越しで、

TECH-M車検 でお預かりの R56は、

 

スパークプラグ交換 いたしました。

 

こちらのお車は、

WAGNERインタークーラーのご装着により、パワーUPされていることを踏まえ、

HKS SuperFire RACING を選択しております☆

 

取り外しましたスパークプラグ先端を観察してみますと、

 

磨耗が見られました。

 

良いエンジンの3大要素の1つである、良い点火を得るためにも、

エンジンの仕様、主な走行フィールドなどに合わせて、

適切なプラグ選択が必要です。

 

お車に合ったスパークプラグをご案内いたしますので、

スパークプラグ交換は、TECH-Mにお任せください♪

 

 

 

また、明日のご納車に備え、 GYEON洗車 にて仕上げいたしました☆

 

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後のドアノブを触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

その良く滑るボディは、拭き取り時のクロスの滑りも良くしますので、

拭き取り作業が快適に、そして、拭き取り時のキズをも防ぎます!

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 快適な拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

ご愛用いただいているお客様からも、

 

 虫汚れがものすごく取れやすい!

 雨の中を走っても、水滴がどんどん飛んでいって、ボディに残らない!!

 ボディの汚れが雨で取れる!

 洗車が楽になった!

 

と、皆さま効果を実感されております☆

 

 

 

 

この季節は、

エリアによっては、融雪剤でお車が汚れがちです。

 

融雪剤は別名、

エンカル(塩化カルシウム) や エンカリ(塩化カリウム) と呼ばれておりますが、

近年では、融雪剤コストの問題から、

エンナト(塩化ナトリウム)、すなわちお塩を撒いているそうです!!

 

より一層ボディが錆びる危険性が増しておりますので、

下回りを含め、定期的な洗車で、

お車をサビから守り、ピカピカを保ちましょう♪

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter