Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

土曜日の今日も、たくさんの皆さまにご来店いただきました☆

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

三重からお越しの F32は、

チャージパイプ 装着ご依頼いただきました。

 

 

純正のチャージパイプは、

 

このようにしなやかな材質が使用されておりますので、

DMEチューニングやサブコン装着によるブースト圧の上昇により、

必要以上に膨張することで、圧力変動が起きたり、

繰り返しの圧力変動が、チャージパイプの破断を引き起こす可能性があります。

 

そこで、こちらの軽量高剛性アルミチャージパイプに変更することで、

 

それらのネガをバッチリ解消いたします☆

 

 

 

そして、 TECH-M DMEチューニング を、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

施工時間施工金額の敷居が下がり、

皆さまのニーズに合わせたオプションまでご選択いただけるようになりました、

TECH-M DMEチューニング!

 

全域でフィーリングを向上させながら、トルクUPを追求した トルク特性

気持ちを高め、意のままに車を操ることができる スロットルレスポンス

冷間時の周辺環境への配慮をした アイドルアップOFF

ミスファイアリングシステム風 アフターファイヤーサウンド

 

などなど、

 

現車を用いた実測作り込み徹底して行い、

 

お車のチューニングレベルご希望の仕様にあわせて、

最適なパワープランと、オプションをご選択いただける、

 

TECH-Mならではの、皆さま目線のこだわりをたくさん詰め込んだ、

他に代わりの無い、DMEチューニングで、

 

サブコンスロコンまやかしのDMEチューニングでは絶対に実現し得ない、

エンジンの真の実力を引き出す、とっておきのメニューです!

 

 

 

TECH-M DMEチューニングは、

E9x系 M3 から始まり、

爆発的な人気を誇る F82 M4F80 M3 はもちろんのこと、

徐々に盛り上がりを見せつつある F87 M2

思いもよらないパワーUPを果たした話題の F3x系 4気筒モデル

F87 M2の純正出力を上回るパワーを余裕で弾き出した F3x系 6気筒モデル

 

MINIにおいても、

軽さも相まってロケットパワーを獲得した R56系F56系

エキゾーストサウンドまで勇ましく進化した R53など、

 

続々対応拡充しております!

 

さらに、

F82 M4、F80 M3、F87 M2、E9x M3、E46 M3、F2x系、F3x系は、

最新設備の導入により、

TECH-Mでの書き換えに対応しましたので、

日帰り施工が可能となりました☆

 

ご来店のその場で、

パワープランとオプションをご選択いただくことが可能ですので、

今後のお車作りと併せてご相談させていただきながら、

DMEチューニングメニューをお選びいただけます!

 

こちらのお車は、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けて、ポテンシャルUPを果たしております☆

 

 

 

 

 

F56 JCWは、 タイヤホイール交換 ご依頼いただきました。

 

ご選択いただきましたホイールは、

RAYS社最終生産分の、

RAYS ZE40 TIME ATTACK 、

 

組み合わせましたタイヤは、

Michelin Pilot Sport 4 です☆

 

装着後がこちら!

 

 

 

ルーフの  とのマッチングピッタリです☆

 

また、

お客さまも気にされていた、

JCWならではのビッグキャリパーも、

よく見えるようになりました♪

 

こちらのお車も、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けて、安心の足元を獲得しております☆

 

 

 

 

お車お預かりの F82 M4は、

TECH-Mオリジナルサスペンションキット 、 SPLフロントロアアーム 、

SPLタイロッドエンド 、 SPLスタビライザーリンク 取り付けいたしました。

 

 

 

こちらのお客さまは、

走行性能、外観、オールマイティな走行フィールドを両立するため、

アラゴスタベースの TECH-Mオリジナル車高調 、

 

 

加えて、

見た目のカッコ良さを維持しながら、

大きめの段差や角度の厳しいスロープでも、

フロント下部と地面とのクリアランスを適宜確保できる アラゴスタカップ 、

 

M4 GTSを模したサスペンションジオメトリーとする SPLアーム

 

のコンビネーションでご依頼いただきました。

 

 

 

もちろん、 TECH-Mストレッチ にて組付けしております♪

TECH-Mオリジナルサスペンションキットは、

TECH-Mストレッチによる組付けにより、

その性能を如何なく発揮いたします!

 

 

 

 

 

お車お預かりしておりました F30 AH3は、

エアコンガスクリーニング ご依頼いただきました。

 

TECH-Mのエアコンガスクリーニングで使用している設備は Snap-on製の最新機種で、

エアコン配管内の余計な水分や油分をはじめとする不純物を取り除き、エアコンガスを精練し直すことで、

エアコンガスの純度を99.97%まであげてくれます。

 

エアコンガスクリーニング後は、

このような実施レポートをお渡しいたします。

 

こちらの F30 AH3 の場合、

********************

 本来充填されているべきガス量が 710g ですが、

 実際にガスを回収してみたところ 605g しか入っていませんでした。

 なので、

 純度99.97%のクリーニング処理をしたガス 605g と、

 ガス不足分の 105g を追加充填しております。

********************

というレポートになります。

 

2割弱、ガスが不足していたという結果でした。

 

そして、TECH-Mでのエアコンガスクリーニングの目玉が、

NUTECのエアコンガス添加剤 NC-200 を一緒に充填させていただくことです!

 

この添加剤は、

エアコンガスを圧縮する エアコンコンプレッサー の気密性と潤滑性を向上させるもので、

 

 気密性が向上することで、圧縮が良くなるため、

  → エアコンの効きが早くなる & 無駄な圧縮が減るため燃費が向上する

 

 潤滑性が向上することで、抵抗がなくなるため、

  → コンプレッサーの寿命が延びる & 駆動ロスが減るため燃費が向上する

 

という、高機能性エアコンガス添加剤なのです!

 

エアコンガス配管内やエアコンガスそのものの純度UPも、エアコンガスクリーニングの効果なのですが、

この添加剤があってこそ、より強く効果を得られます!

 

これからの暑い季節を前に、

エアコンガスクリーニングで、

お早めにお車のエアコンを楽にしてあげてくださいね♪

 

 

 

 

 

京都からお越しの F82 M4は、

DCTオイル交換 、 DCTプレッシャーフィルター交換 ご依頼いただきました。

 

DCTオイルをドレンし、

 

フィルターを抜き取りますと、

フィルターが仕事をしていることが分かります☆

 

新しいフィルターをセットし、

 

DCTオイルを注入します♪

 

DCTオイル注入後は、

DCTの学習 を実施しております☆

 

 

通常、車両コンピュータは、

そのお車の走行距離や走らせ方のクセなどを元に、

クラッチの磨耗量を予測して、

ミートポイントを自動的にアジャストしています。

 

しかし、

実際の磨耗量を測定しているわけではなく、あくまで予測なため、

次第に、最適なミートポイント位置と、

コンピュータが認識しているミートポイント位置にズレが生じてきます。

 

その状態が進行すると、

シフトアップ時、シフトダウン時のミートで、半クラッチのようなスベリ状態が起きたり、

ゼロ発進時の半クラッチ時間が長くなることから、

無用なクラッチの磨耗を助長しかねません。

 

そこで、TECH-Mでは、

SMGやDCTなど、

車両コンピュータによるクラッチ制御を行っているお車に対して、

診断機による、定期的な学習を実施させていただき、、

そのズレをリセットすることをおススメしております。

 

TECH-Mでは、DCTオイルやSMGオイル交換の際に、

同時施工させていただいております♪

 

 

 

また、 コーディング アクティブサウンドOFF ご依頼いただき、

私、平家 が施工いたしました。

エンジンサウンドを室内向けに擬似再生する機能である アクティブサウンドデザイン

 

このシステムは、ノーマルマフラーを基準に調律されておりますので、

マフラー交換をされていると、

その純粋な音を邪魔してしまいます。

 

マフラー交換されておられましたら、

OFFコーディングをおススメいたします♪

 

 

 

 

 

R53は、 エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 ご依頼いただきました。

 

 

こちらのお車も、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けた、お車のメンテナンスです。

 

もちろん、同時に、

下回りのチェックも実施させていただきました。

 

 

 

また、 コーディング バルブチェックキャンセル ご依頼いただき、

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

R53は、世代的にあまりたくさんのコーディング項目がありませんが、

バルブチェックのキャンセルなど、

ベース的な内容であれば、コーディングによる対応が可能な場合があります。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

R52は、 エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 ご依頼いただきました。

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

松コースオイルは、

真冬の冷間始動から、サーキット連続周回などの高負荷高回転まで、

どのような環境でも、常に、エンジンへ最高の潤滑を与える、

最高のロングライフエンジンオイルです!

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

こちらのお車も、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けて、

下回りチェックをさせていただきました☆

 

 

 

 

 

F80 M3は、 エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 いたしました。

 

オイルフィルター交換の際は、

フィルターハウジング内に残ったオイルを吸い取った上で、

 

オイルフィルターを装填いたします。

細かいことではありますが、

なるべく、エンジン内に新油を行き渡らせるようにして、

気持ちの良い、エンジンオイル交換を心がけております♪

 

 

 

 

 

そして、

来週末に控えております、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス!

 

ご参加申し込みいただいた皆さまへ、

申込用紙にご記載いただきましたメールアドレスやみんカラメッセージにて、

 

お弁当の数、レンタル品、当日の注意事項等、

最終確認のご連絡を差し上げております。

 

重要な内容になりますので、

訂正がありましたら、

恐れ入りますが、13日までにご連絡をお願いいたします。

 

 

 

皆さまのお車のメンテナンスも多数ご依頼いただいており、

ご予約が非常にお取りいただきにくくなっております。

 

メンテナンスのご予定がありましたら、

作業のご予約もお早めにご依頼くださいませ☆

 

皆さま、

ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします☆