Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

今日はTECH-M周辺では、警報が出るほどの大雨でしたが、

たくさんのご来店もいただきました☆

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

E86 Z4Mは、 タイヤホイール交換 ご依頼いただきました。

 

ご選択いただきましたホイールは、

RAYS TE37 SAGA ブロンズアルマイト です!

 

使用中のタイヤを引き続きお使いとのことですので、

組み換えいたしました。

 

バランス取りは、

私、平家 がバッチリ合わせております♪

 

そして、

装着が目立ちにくい、ブラックウエイトを使用しておりますので、

ホイールデザインを邪魔しません☆

 

装着後がこちら!

 

 

カッコ良くまとまっていますね♪

 

コンケイブも効いていて、迫力満点です☆

 

 

 

 

 

お車お預かりの F82 M4は、

アラゴスタカップ駆動用 コンプレッサーシステム装着 いたしました。

 

純正の各種コントローラ設置場所に、

高圧エアバルブを設置、

 

トランクルーム下の収納スペースには、

コンプレッサー本体、エアタンクを、

うまく収めております☆

 

また、

こちらのお車はEDC装着車でしたので、

EDCキャンセラー を私、平家 が装着いたしました。

 

 

 

 

 

京都からお越しの F82 M4は、

エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 、 デフオイル交換 、

ブレーキフルード交換 いたしました。

 

 

 

 

F80 M3 , F82 M4 , F87 M2のデフオイルは、

かなり特殊なオイルとされており、

特に、F87 M2のデフは、

BMWが車両のデリバリーを一時止めて、デフオイルを再開発したほど、

使用するオイルを選ぶことが知られております。

 

そこでTECH-Mでは、純正デフオイルを使用しておりました。

 

しかし、

純正デフオイルは、1リッターおよそ1万円します。

 

そこでTECH-Mでは、

TECH-Mスペシャルブレンド デフオイルをご提供しております☆

 

このデフオイルは、

純正オイルと比べても、なんら違和感も無い、

コストパフォーマンスにも優れたデフオイルです。

 

 

 

 

 

F87 M2は、 エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 ご依頼いただきました。

 

 

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

松コースオイルは、

真冬の冷間始動から、サーキット連続周回などの高負荷高回転まで、

どのような環境でも、常に、エンジンへ最高の潤滑を与える、

最高のロングライフエンジンオイルです!

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

また、オイルフィルター交換の際は、

フィルターハウジング内に残ったオイルを吸い取った上で、

 

オイルフィルターを装填いたします。

細かいことではありますが、

なるべく、エンジン内に新油を行き渡らせるようにして、

気持ちの良い、エンジンオイル交換を心がけております♪

 

こちらのお車は、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けた、メンテナンスです♪

 

 

 

 

 

静岡からお越しの F31は、

お車の診断 でご来店いただきました。

 

イグニッションコイルとスパークプラグを点検し、

 

スパークプラグの碍子にクラックが確認されましたので、

交換しております。

 

 

 

 

 

E46 M3は、 水周り修理 いたしました。

 

 

ホースの割れがありましたので、交換しております。

 

交換後は、安心の 純正クーラント を補充しております☆

 

 

 

 

 

 

E92 M3は、 ブレーキフルード交換 ご依頼いただきました。

 

 

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けてのメンテナンスです☆

 

 

 

 

 

F82 M4は、 ブレーキフルード交換 いたしました。

 

 

使用したブレーキフルードは、

NUTEC RP-300 です☆

サーキットスペックの高耐熱性を持ちながら、

普段使いもこなしてしまう、

Super DOT4規格のブレーキフルードです☆

 

こちらのお車も、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

へのメンテナンスで、準備万端です♪

 

 

 

 

 

E63 M6は、 お車の診断 ご依頼いただきました。

 

 

 

 

 

F87 M2は、 コーディング デイライト 、 アイドリングストップ デフォルトOFF ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

こちらのお客さまは、

エンジンをかけるたびに、アイドリングストップOFFボタンを押されていたとのことで、

デフォルトOFF設定とさせていただいております☆

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

岡山からお越しの E92 M3は、

お車の点検 ご依頼いただきました。

こちらのお車は、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けた、

車両チェックをさせていただきました。

 

 

 

 

 

お車お預かりの R56は、

水周り修理 、 エアコンブロワモーター交換 いたしました。

 

 

 

経年劣化による折損でした。

 

 

 

 

 

京都からお越しの F87 M2は、

デフオイル交換 、 GTSプログラミング ご依頼いただきました。

 

 

 

GTSプログラミング は、

GTSの制御プログラムを車両の各制御コンピュータへインストールすることで、

 

 DSC制御 → 介入を遅らせる

 デフ制御 → ロック率の制御をより積極的に

 パワステ制御 → ステアリングインフォメーションを邪魔しないアシスト

 DCT制御 → シフト操作のレスポンスUP

 

という、

車両の挙動、ドライビングフィールをGTS化させるコンピュータプログラミングです。

 

インストールさせていただいたお客さまからは、

 

 シフトスピードが速くなって、気持ち良い!

 ステアリングインフォメーションが増えて、ドライビングが楽しくなった!

 トラクションの掛かりが良くなって、コーナー立ち上がりで安心感が増した!

 

と、ご評価いただいております♪

 

 

従来、GTSプログラミングは、

「車両のソフトウェアバージョンにより、施工可否に制約があります」

と、ご案内しておりましたが、

 

車両のソフトウェアバージョンに関係なく、

どのF80 M3、F82 M4、F87 M2へも、

施工が可能となりました!!

 

 

ややこしそうで、ためらっていた皆さま、

気兼ねなく、ご依頼ください♪

 

こちらのお車は、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けたモディファイです♪

 

 

 

 

 

E92 M3は、 TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 ご依頼いただきました。

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整では、

アライメントテスターという設備を使用するものの、

一般的な 「アライメントをとる」 という概念からは大きく異なるメニューとなっております。

 

 

純正のサスペンションは、

  全世界のあらゆる 「」(舗装路、未舗装路、うねり…) を、

  あらゆる 「ユーザー」(老若男女…) さまが、

  あらゆる 「ステージ」(街乗り、ワインディング、高速道路…) で、

  あらゆる 「シチュエーション」(ショーファードリブン、家族ドライブ、1人ドライブ…) でドライビングされることを想定し、

 

それらすべての状況の中で、十分なマージンを持たせた上で、バランスを取るように設計されております。

 

そのため、

  良く言えば 当たり障りのない乗り味、  悪く言えば 車の持つ良さが隠されている

ともいえます。

 

 

そこで、TECH-Mでは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 をヒアリングさせていただき、

さらに、そのお車が持つ基本的な 「特徴」 や 「クセ」 を勘案し、

最適な アライメント値 を設定させていただき、

そのお車が持つポテンシャルを引き出させていただく、メニューとなります。

 

 

このメニューが 「TECH-M4輪トータルジオメトリー調整」 という名称なのも、

装着されている車高調や、設定されている車高、サスペンションストローク量など、

サスペンションジオメトリーを考慮したアライメント設定することが由来となっております。

 

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整後は、

 

赤色表示(規定値から外した値)が並びます!

これが、TECH-M4輪トータルジオメトリー調整です☆

 

規定値から外すのが目的ではなく、

求める特性を与えるために設定した結果です。

 

 

施工後は、お客さまへ、

規定値調整前調整後のデータをまとめた、

測定結果シート をお渡しさせていただき、

 

規定値狙っていること

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整前お車の状態

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整後お車の仕上がり

 

を、ご説明させていただき、

お客さまご同乗の試運転にて、その仕上がりをご体感いただきます♪

 

こちらのお車は、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

に向けた、最終調整です♪

 

 

 

 

 

その、

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

 

皆さま、

連日のようにメンテナンスのご依頼をいただいております。

ありがとうございます☆

 

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンスまでに、

TECH-Mにてお車のメンテナンスや車両チェックをされていない皆さまも含め、

 

出発前には、

軽くお車のセルフチェックをされてください♪

 

なお、

当日の詳細な情報は、後日展開いたしますので、

今しばらくお待ちください☆