Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

昨日は、突然の梅雨入りで驚きましたね!

そんな今日も、盛りだくさんの作業ご依頼いただいております☆

ありがとうございます♪

 

 

 

 

 

F82 M4は、 エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 いたしました。

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

松コースオイルは、

真冬の冷間始動から、サーキット連続周回などの高負荷高回転まで、

常に、エンジンへ最高の潤滑を与える、

最高のロングライフエンジンオイルです!

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

また、オイルフィルター交換の際は、

フィルターハウジング内に残ったオイルを吸い取った上で、

 

オイルフィルターを装填いたします。

細かいことではありますが、

なるべく、エンジン内に新油を行き渡らせるようにして、

気持ちの良い、エンジンオイル交換を心がけております♪

 

 

 

また、 ホイール試し履き ご依頼いただきました。

お車のイメージ、がガラッと変わる、

RAYS TE37 SAGA の ダイヤモンドダークガンメタ をご試着です♪

 

併せて、ブレーキキャリパーとのクリアランスチェックも行っております☆

 

 

 

 

 

徳島からお越しで、

お車お預かりの F82 M4は、

VFインタークーラー 、 高剛性チャージパイプ 、 VFヒートエクスチェンジャー 、

VF DCTクーラー 、 GruppeMエアインテーク 、 KWアーム2基掛け ご依頼いただきました。

 

 

 

VFインタークーラー は、

F80 M3 / F82 M4のS55エンジンは、

6000回転から上の回転は、トルクが薄くなっていくので、違和感を覚えることがあります。

これは、吸入空気量が不足していることが要因のひとつです。

 

ターボ車は、

ターボにて吸入空気を圧縮してエンジンに送り出しますが、

ボイル・シャルルの法則により、

圧縮した分だけ、吸入空気温度が上昇します。

 

対して、

吸入空気温度が上昇することで、燃焼に必要な 酸素量 は減少してしまうため、

ターボで吸入空気を圧縮している割に、パワーが出てこないという、

ジレンマが生じてしまっています。

 

この不足している吸入空気量を増やすためには、

吸気温度を下げ、密度を増加させることが必要です。

 

この2層大容量インタークーラーは純正比で、

 冷却効率 150%UP!

 空気容量 60%UP!

 吸気抵抗 削減!

 集合部口径 UP!

 集合部形状 改善!

となっており、

しっかり冷やした圧縮空気を、抵抗無くエンジンに送り込むことができるため、

DMEチューニングなどによるブースト圧の上昇によって、

吸気温度が上昇してしまう場合や、

高回転での吸気抵抗による吸気量の低下が起きてしまう場合に、

吸気温度を下げ、吸気抵抗を減少させ、

エンジンの吸入効率を最大化いたします☆

 

 

 

また、 チャージパイプ は、

くびれて吸気抵抗を増大させてしまったり、

 

溶着部分の破断の心配が起きてしまいそうな純正チャージパイプから、

 

ガッチリとした破断のおきないつくりで、

吸気抵抗となりそうな、くびれの無いパイプ形状の、

アルミ製チャージパイプ に交換いたしました。

 

ご覧のとおり、

パイプ径を絞ることなく、うまくレイアウトすることができますので、

高回転でのパワーの伸びが改善することと同時に、

サブコン や DMEチューニング などで上昇する 過給圧 に対して、

パイピング抜け や パイプ破断 を未然に防ぐことができます。

 

 

 

また、 大容量ヒートエクスチェンジャー は、

F80 M3 / F82 M4のインタークーラーは水冷式なので、

そこで奪った熱を、ヒートエクスチェンジャーによって、外気に逃がしています。

 

つまり、

その奪った熱を逃がすところが重要になってきます。

 

そこでご提案させていただいているのが 大容量ヒートエクスチェンジャー です!

 

この大容量ヒートエクスチェンジャーによって、インタークーラーで奪った熱を、

効率よく外気に放出できるようになり、熱ダレを防ぎますので、

熱を持ちやすくなるワインディングでの走行やサーキット走行はもちろんのこと、

高速道路での長距離ドライブにも効果的です!

 

とくに、

DMEチューニングでブースト圧が高く設定されているお車で、

安定したパワーを出し続けるには、必要な冷却部品です♪

 

 

 

また、 GruppeMカーボンインテーク は、

見た目だけのカーボンインテークではなく、

 

ボディとの組み合わせでインテークボックスを形成する構造で、

ボックス容量を最大化し、

吸気効率をとことん追及した、高性能高品質インテークシステムです☆

 

DMEチューニングによる、吸気量の増加には、

GruppeMカーボンインテーク がおススメです♪

 

 

 

そして、パワーアップの下地ができたところで、

パワーを受け止める部分のひとつ、

DCTクーラーも、 大容量DCTクーラー へ交換しております☆

 

純正のDCTクーラーが、一方通行の冷却フローになっているところを、

 

この大容量DCTクーラーは、双方向の冷却フローになっているため、

 

冷却性が向上しています!

駆動系を熱から守る、お勧めの冷却パーツです☆

 

また、コア容量も大きくなっていることにより、DCTオイル量が増加しますので、

温度変化への安定性、DCTオイルの劣化を緩やかにすることができます!

 

さらに、

TECH-Mで使用するDCTオイルは、

NUTECオリジナルの高性能DCTオイルを使用しますので、

その効果を最大化いたします!

 

もちろん、

オイル注入後は、 DCTの学習 も実施しております♪

 

通常、車両コンピュータは、

そのお車の走行距離や走らせ方のクセなどを元に、

クラッチの磨耗量を予測して、

ミートポイントを自動的にアジャストしています。

 

しかし、

実際の磨耗量を測定しているわけではなく、あくまで予測なため、

次第に、最適なミートポイント位置と、

コンピュータが認識しているミートポイント位置にズレが生じてきます。

 

その状態が進行すると、

シフトアップ時、シフトダウン時のミートで、半クラッチのようなスベリ状態が起きたり、

ゼロ発進時の半クラッチ時間が長くなることから、

無用なクラッチの磨耗を助長しかねません。

 

そこで、TECH-Mでは、

SMGやDCTなど、

車両コンピュータによるクラッチ制御を行っているお車に対して、

診断機による、定期的な学習を実施させていただき、、

そのズレをリセットすることをおススメしております。

 

DCTクーラーの交換でも同じく学習作業いたします♪

 

 

 

 

そしてそして、

獲得したパワーを確実に路面に伝え、安心できる安定した挙動に変える、

KWアーム2基掛け いたしました。

 

 

リアのトーコントロールアームをこちらのアームに変えることで、

ブッシュの大き過ぎるヨレが原因の、

トラクション時のトー変化によるリア挙動の不安定感を解消し、

 

リアロアアームへも同じくこのKWアームに置き換えさせていただくことで、

コーナー進入時のトー変化も抑えることが可能になり、

よりプレシジョンの高い挙動を得られます!

 

 

バッチリ、パワーアップの下地となるパーツ装着完了です☆

いよいよ明日は、おなじみのアレです♪

 

 

 

 

 

E90は、 お車の診断 でご来店いただきました。

 

 

 

 

 

E60は、 お車の診断 でご来店いただきました。

 

TECH-Mでは、

BMW純正診断機による確実なデータ抽出と、

過去の無数の診断経験により、

お車の問題箇所の把握と、整備必要箇所のご提案をさせていただいております♪

 

 

 

 

 

F31は、 3D Design パドルレバー 取り付けご依頼いただき、

私、平家 が作業いたしました。

 

 

ノーマルの、

 

モッサリしたデザインのパドルを、

 

 

パドルスイッチの分解組み換えにて、取り付けしております♪

 

質感高いアルミ製のレバーによる、カッコよさはもちろんのこと、

 

その長~い、パドルレバーが、

ステアリング操作中のシフト操作をサポートしますので、

ワインディング走行やサーキット走行での、

ドライバビリティを向上させます☆

 

 

 

 

 

そして、今日は、

年中フル稼働してくれている エアコンガスクリーニングマシーン の定期メンテナンスです♪

確実なガスクリーニング、ガス計量のため、

夏本番を前に、メンテナンスです☆

 

皆さま、

エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイルやブレーキフルードは、

定期的に交換ご依頼いただいておりますが、

 

エアコンガス回路内のオイルリフレッシュって、

意外とされていませんよね??

 

コンプレッサーは、

エアコンONで、常にエンジンと連動しておりますので、

エンジンを高回転で回せば、

エアコンコンプレッサーも一緒に回っています。

 

エアコンガス内に混じりこんだ水分や空気、コンプレッサーの磨耗粉を、

エアコンガスクリーニングでメンテナンスしてみてはいかがですか?

 

皆さまのご依頼、お待ちしております♪