Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

雨振る一日となりましたが、ご来店ありがとうございます!

 

 

 

 

 

E46 M3は、 リア回りブッシュ一式交換 、 リアキャリアブッシュカラー取り付け 、 ピラーカバー交換 いたしました。

 

 

 

 

ブッシュ類は主にゴムで出来ておりますので、

劣化が進むことで、

硬度が変わったり、ひび割れたり、

最悪の場合、アームやメンバーが脱落する恐れがあります。

 

ブッシュも消耗部品ですので、

年式が古いお車、走行距離が長いお車は、

要点検です。

 

交換タイミングの診断、交換作業は、

TECH-Mにご依頼ください♪

 

 

 

 

 

F82 M4は、

 

KW ver3 、 KWリアトーコントロールアーム 取り付けいたしました。

 

 

F80 M3 / F82 M4にお乗りのお客様はそろって、

 「フルパワーをかけると、リアがウニャウニャ動く感じがあって、怖い」

とおっしゃられます。

 

そこで KWリアトーコントロールアーム によって、その動きを的確に制御いたします!

 

 

M2、M3、M4のリアのトーコントロールアームのホイール側は、横向きにブッシュがセットされており、

トラクション時のねじれモーメントにおいて、左右に少しだけずれる現象が起こります。

 

このトーコントロールアームは、左右のずれが無く、その一瞬の不安な動きをイイ感じに緩和してくれます☆

その恩恵で、リアのシャープさが増します!

アクセルコントロールがキビキビできるようになれば、運転もまた一段と楽しくなりますよ☆

 

なお、アーム交換となりますので、

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整が必須となりますが、

 

その際に、ブッシュの動きを考慮しなくて良くなる分、思い切ったトー設定をすることができるため、

理想的なリア周りの接地感を得られます!

 

 

 

その TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 施工いたしました。

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整では、

アライメントテスターという設備を使用するものの、

一般的な 「アライメントをとる」 という概念からは大きく異なるメニューとなっております。

 

 

純正のサスペンションは、

  全世界のあらゆる 「」(舗装路、未舗装路、うねり…) を、

  あらゆる 「ユーザー」(老若男女…) さまが、

  あらゆる 「ステージ」(街乗り、ワインディング、高速道路…) で、

  あらゆる 「シチュエーション」(ショーファードリブン、家族ドライブ、1人ドライブ…) でドライビングされることを想定し、

 

それらすべての状況の中で、十分なマージンを持たせた上で、バランスを取るように設計されております。

 

そのため、

  良く言えば 当たり障りのない乗り味、  悪く言えば 車の持つ良さが隠されている

ともいえます。

 

 

そこで、TECH-Mでは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 をヒアリングさせていただき、

さらに、そのお車が持つ基本的な 「特徴」 や 「クセ」 を勘案し、

最適な アライメント値 を設定させていただき、

そのお車が持つポテンシャルを引き出させていただく、メニューとなります。

 

 

このメニューが 「TECH-M4輪トータルジオメトリー調整」 という名称なのも、

装着されている車高調や、設定されている車高、サスペンションストローク量から、

サスペンションがストロークして変化するアライメントを考慮して設定することが由来となっております。

 

 

TECH-M4輪トータルジオメトリー調整を施工させていただき、

 「車がストレスなく走っているのがわかる!」

 「まっすぐ走っているだけでも違いがわかる!」

 「コーナーがすごく楽しくなった」

 「コーナーの奥で舵が利くようになった!」

といった、ご評価をいただいております。

 

もちろん、乗り味のみならず、タイヤの偏磨耗や燃費の面でも、

 「本当に良く転がるようになった!」

 「タイヤが均等に減るようになって、持ちが良くなった!」

とのご評価もいただいております♪

 

 

 

M4に、 KW ver3 と KWリアトーコントロールアーム と TECH-M4輪トータルジオメトリー調整 のトリオは、

自信を持っておススメできる、鉄板コンビネーションです♪

 

 

 

 

 

G30は、 TVナビロックキャンセラー 取り付けいたしました。

 

 

 

こちらの TVナビロックキャンセラー は、

配線に割り込ませるタイプですので、

ディーラーなどでの予期せぬプログラミング作業によって、

消えることがありません☆

 

 

 

 

 

 

F10 M5は、 ボディラッピングメンテナンス させていただき、

本日ご納車いたしました。

 

 

 

 

 

E71 X6Mは、

 

コーディング TVナビロックキャンセル 、 ドアロックミラー格納連動 、 バック時ミラー角度調整 を、

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきております。

皆さま、体調管理には十分お気をつけください♪

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter