Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

路面はWETな1日となっておりました。

今日もたくさんのご来店、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

関東からお越しの E92は、

 

TECH-Mストレッチ スパイスプラス ご依頼いただきました。

 

TECH-Mストレッチをわかりやすくご説明すると、

 

 「静止状態のサスペンションの付け根に掛かっているストレスを開放してあげる」

 

というのが基本になります。

 

 

人間の柔軟体操 「ストレッチ」 をイメージしていただけるとよりわかりやすいかと思います。

 

 

これは、

車高調やダウンスプリングで車高を下げた場合、サスペンションアームに突っ張りが生じるため、

それを開放してあげるという、

いわゆる 1G締めなおし という作業になります。

 

 

 

しかし、TECH-Mストレッチは、

「TECH-Mストレッチ スパイスプラス」

という形に進化しております!

 

 

これは、サスペンションアーム付け根の ブッシュ と呼ばれる部品について、

 

 ブッシュそのものの諸特性

 ブッシュ箇所毎の車両運動に対する影響

 締め付け位相によるサスペンションジオメトリー変化

 

を測定、分析し、

各部のブッシュが持つ能力を積極的に利用するというものです。

 

 

そしてそれは、

お客様が主にお車を使われる 「道」 「ステージ」 「シチュエーション」 「ライフスタイル」 にあわせて、

各部のブッシュの能力の出し方を調節することで、

 

 「高速道路でのフワフワ感を抑えたい」

 「コーナリング中のロールを減らしたい」

 「吸い付くような接地感がほしい」

 「マンホールの上などでの突き上げが気になる」

 「車高調の減衰設定がなかなか決まらない」

 「車高を落としたが、同乗者から乗り心地のクレームが来る」

 「車高調を入れたいが、ローダウンスプリングの設定しかない。

  でも、純正のダンパーではいまいち役不足…」

 

といった、多種多様なご要望に対して、

お客様にとっての最適な乗り味や車両特性にセッティングさせていただく、

TECH-M自慢の看板メニューです!!

 

 

 

お車の挙動の変化をご体感され、

帰宅路では、快適な移動空間となっていたこと、

間違いなしですね♪

 

 

 

 

 

E92は、

 

エンジンオイル フィルターハウジング ガスケット交換 、

 

ゴム製のガスケットが硬化して、エンジンオイルがにじみ出ていました。

 

DCTオイル交換 、

 

DCTフィルター交換 いたしました。

 

フィルターとしての役割を果たしてくれていることが、

外観からも、うかがえます。

 

DCTオイル、フィルターの交換後は、

DCTの学習を実施しております。

 

通常、車両コンピュータは、

そのお車の走行距離や走らせ方のクセなどを元に、

クラッチの磨耗量を予測して、

ミートポイントを自動的にアジャストしています。

 

しかし、

実際の磨耗量を測定しているわけではなく、あくまで予測なため、

次第に、最適なミートポイント位置と、

コンピュータが認識しているミートポイント位置にズレが生じてきます。

 

その状態が進行すると、

シフトアップ時、シフトダウン時のミートで、半クラッチのようなスベリ状態が起きたり、

ゼロ発進時の半クラッチ時間が長くなることから、

無用なクラッチの磨耗を助長しかねません。

 

そこで、TECH-Mでは、

SMGやDCTなど、

車両コンピュータによるクラッチ制御を行っているお車に対して、

診断機による、定期的な学習を実施させていただき、、

そのズレをリセットすることをおススメしております。

 

ミッションオイルの交換の際に、

同時施工させていただくことをご提案しております♪

 

 

 

 

 

E46 M3は、

 

ウォーターポンプ交換 、

 

クーラントホース交換 、

 

フィリスターボルト交換 いたしました。

 

S54エンジンでは、

この フィリスターボルト交換 は、一度はチェックが必要な部分です。

 

VANOSという、バルブタイミングを制御する機構と、

カムシャフトを結合しているボルトなのですが、

長期にわたる疲労の蓄積により、

この フィリスターボルト が破断する事例があります。

破断してしまうと、エンジンにダメージを与えてしまう可能性があります。

 

フィリスターボルト交換をはじめ、

S54エンジンのメンテナンスをご検討の方、

S54エンジンに精通しているTECH-Mへご相談お待ちしております☆

 

 

 

また、 TECH-Mオリジナルノンダストパッド 、 ブレーキディスク交換 いたしました。

 

ホイールクリーニングも併せて実施しております。

 

 

 

 

 

F82 M4は、 コーディング を、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

こちらのお車は、

ディーラーによるプログラミング実施のため、

クリアされたコーディングを戻す作業をいたしました。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

そして、明日のご納車に備え、

GYEON洗車 にて私、平家 が仕上げいたしました。

 

 

 

 

 

 

リア回り修理 でお預かりしておりました E93は、

GYEON洗車 にて私、平家 が仕上げいたしました。

 

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後のドアノブを触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

小さな虫たちが、ボンネットの上で ドリフト走行 してしまうほどです☆

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

ご愛用いただいているお客様からも、

 

 虫汚れがものすごく取れやすい!

 雨の中を走っても、水滴がどんどん飛んでいって、ボディに残らない!!

 ボディの汚れが雨で取れる!

 洗車が楽になった!

 

と、皆さま効果を実感されております☆

 

GYEON在庫準備しておりますので、

ぜひお求めください!

 

 

 

 

 

E46 M3は、 異音チェック いたしました。

各部を点検し、問題ない事を確認した上で、

増し締めを実施いたしました。

 

 

 

 

 

E46は、 エンジンオイル交換 松コース 作業いたしました。

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

 

 

E46は、

 

ヘッドライトバラスト交換 いたしました。

 

ヘッドライトを含む、すべての灯火は、

お車やご自身だけでなく、

他車や歩行者などへの安全に関わる、重要な部品です。

 

「もう年式も古いから」

「また今度直そうか」

 

とお考えではありませんか??

 

安全に直結する部分の、

定期的な点検や、メンテナンスを心掛けましょう♪

TECH-Mがバックアップいたしますので、

是非お頼りください!

 

 

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter