Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

今日も、皆さまのご愛車のメンテナンスに携わらせていただいております☆

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

TECH-M車検 でお預かりの E87は、

エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 いたしました。

 

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

また、オイルフィルター交換の際は、

フィルターハウジング内に残ったオイルを吸い取った上で、

オイルフィルターを装填いたします。

細かいことではありますが、

なるべく、エンジン内に新油を行き渡らせるようにして、

気持ちの良い、エンジンオイル交換を心がけております♪

 

 

 

また、 ブレーキフルード交換 いたしました。

 

オイル交換の合間に、

ホイールをはずして ホイールクリーニング 実施しております☆

こびりついたブレーキダストや鉄粉を除去する、

TECH-M車検ならではのサービスのひとつです♪

 

 

 

 

 

お車お預かりの R55 JCWは、

エンジン洗浄 ご依頼いただきました。

 

こちらのお車は、

走行距離3万キロで、比較的、コンディションは良いと思われましたが、

 

インテークマニホールドを取り外し、

インテークポートを覗き込んでみますと、

バルブにはカーボンがへばり付いていることがわかります。

 

インテークポートからバルブに向けて、

プラグホールからピストントップに向けて、

洗浄液を投入し、カーボン除去にかかります☆

 

ファイバースコープで覗き込みながら、除去していきます。

 

こちらが取れたカーボンです。

やはり走行距離が浅いということと、

オーナー様が定期的に燃料添加剤を投入されていたこともあり、

R56系のお車としては、カーボン少な目でした。

それでも、3万キロでここまで溜まってしまうということでもあります!

 

こちらが洗浄後のバルブです!

カーボンのベールが剥がされ、バルブの傘が光っています☆

 

あとは、取りきれず燃焼室内に残された洗浄液やカーボンの残骸を、

エキゾーストから排出させます。

 

排出完了後は、

エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 で、

エンジン内のリフレッシュ完了です♪

 

TECH-Mでminiのエンジンオイル交換をさせていただく場合、

上記の写真のように、お車を傾けてエンジンオイルを抜き取るという、

独特の手法を採用しております。

 

これは、miniのエンジン・オイルパン形状を考慮し、

確実に、よりたくさんのエンジンオイルを抜き取るために、

TECH-Mが独自に編み出しました!

 

 

TECH-Mでは、

こだわったエンジンオイルをご提供させていただくだけではなく、

エンジンオイルの抜き方にもこだわりを持って、

作業させていただいております☆

 

 

 

仕上げに GYEON洗車 を私、平家 がさせていただき、

本日ご納車いたしました。

 

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後に可愛いお耳を触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

その良く滑るボディは、拭き取り時のクロスの滑りも良くしますので、

拭き取り作業が快適に、そして、拭き取り時のキズをも防ぎます!

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 快適な拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

ご愛用いただいているお客様からも、

 

 虫汚れがものすごく取れやすい!

 雨の中を走っても、水滴がどんどん飛んでいって、ボディに残らない!!

 ボディの汚れが雨で取れる!

 洗車が楽になった!

 

と、皆さま効果を実感されております☆

 

GYEON在庫準備しておりますので、

ぜひお求めください!

 

 

 

 

 

F87 M2は、 ブレーキフルード交換 、 RECARO フルバケットシート 取り付けいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お車お預かりの R56は、

ミッション回転数センサー 交換いたしました。

 

ミッションオイルをドレンし、オイルパンを取り外し、

 

オイルフィルターを取り外し、

 

スイッチユニットを取り外しますと、トルクコンバータが姿を現します。

 

その、

トルクコンバータのインプット側回転数センサー、

アウトプット側回転数センサーを、

 

 

交換いたしました。

 

 

 

 

 

お車お預かりの F30 AH3は、

コーディング コーナリングライト フォグライト連動停止 ご依頼いただき、

 

私、平家 が施工いたしました。

 

コーディングは、

世界の地域ごとに、機能やオプションを車両コンピューターの設定で、

メーカーが出荷時に呼び出せるようにしているためのものですので、

意外と便利な機能が隠されています。

 

こちらのお客さまは、

従来、コーディングモジュールにて、

コーナリングライトのフォグライト連動を停止させておられましたが、

その場合、アダプティブヘッドライト動作も停止してしまうということで、

ご相談いただきましたので、

 

アダプティブヘッドライト動作を残すように施工させていただきました。

 

他のコーディングサービスでも行われている有名なものから、

あまり知られていないコーディングメニューまで取り扱っておりますので、

ご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

コーディングは、

車両コンピュータの設定値を書き換えるという作業です。

 

そのため、

設定が変更できるようになっている項目でなければ、

反映させることは出来ませんが、

 

今回の例のように、

本来はコーナリングライトの部分的な停止が出来ない仕様でも、

設定を工夫することで、対応できる場合がありますので、

 

まずはお気軽にTECH-Mへご相談ください♪