Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

今日は洗車日和な、心地よい日差しのある日中でした☆

今日も皆さまのお車をメンテナンスさせていただいております♪

 

 

 

 

 

E92は、 エンジン洗浄 実施いたしました。

 

洗浄液を、インテークポートから吹き込み、

 

大物はエアーで吹き飛ばし、

小物は物理的にこそぎ取っていきます。

 

まだ洗浄作業途中ではありますが、

これだけのカーボンスラッジが除去されております。

 

エンジン洗浄作業前は、

ビッシリとまとわりついたカーボンが、

洗浄後には、

ヘッドブロックの地肌が見えるまでになっております☆

バルブステムがポートの真ん中を通っていることがようやく確認できますね♪

 

 

こちらのエンジン洗浄作業において、

エンジンオイル フィルターブロックからのオイル漏れが見つかりましたので、

 

お客さまに状況のご報告をさせていただき、

フィルターブロックのガスケット交換をさせていただきました。

 

ガスケット交換作業で、フィルターブロックの取り外しを行いましたので、

こちらも洗浄させていただきました。

 

 

ゴム製のガスケットが経年によって硬化しており、

シール性が低下することで、エンジンオイルの漏れ、にじみが発生しております。

 

 

洗浄作業、組みつけが終了し、

最後に、

エンジン燃焼室内に残った、カーボンを含む洗浄液を吹き飛ばします!

 

今まで堆積していたカーボンが除去され、吸気効率が改善しておりますので、

エンジンのレスポンスやパワー感が、回復します!

 

エンジン回りのメンテナンスも、

お車やお車の状態に合わせてご提案させていただきますので、

TECH-Mへお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

F54は、 エンジンオイル交換 梅コース ご依頼いただきました。

 

TECH-Mでは、

エンジンオイルを 「松コース」 「竹コース」 「梅コース」 をご準備させていただいており、

 

ご依頼いただいた 「梅コース」 では、

ディーラーで提供しているエンジンオイルよりも高性能リーズナブルな、

ガルフレーシングオイルを使用いたします。

 

安価なオイルとは思えないほど、

とても良好なエンジンフィールを得られる、お勧めのエンジンオイルです!

 

 

 

エンジンオイル交換後は、 GYEON洗車 で私、平家 が洗車いたしました☆

 

 

こちらのお車は、

ディーラー様にてボディーコーティングされておりましたが、

GYEONは、コーティングメンテナンスシャンプーとしても有効で、

もともとのコーティングの上に皮膜を形成しますので、

コーティング膜を長く保護します☆

 

GYEONは、コーティング施工車にも、おススメです♪

 

 

 

 

 

TECH-M車検 でお預かりの E46 M3は、

ご納車に備え、 GYEON洗車 で私、平家 が仕上げいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

TECH-M車検 でお預かりの E46 M3は、

ご納車に備え GYEON洗車 で私、平家 が仕上げいたしました。

 

 

GYEON で一度洗車をするだけで、

ステッカーの貼り付けができなくなってしまうほど、

ボディ表面の防汚性が向上すると同時に、強力な撥水効果が得られます!

 

なので、洗車後のドアノブを触っていただくと、

 「あっ!スベスベ!!」

と、皆さんそろって驚かれます♪

 

 

それほど良く滑るので、

走行中にボディをかすめる、砂などの微粒子から、

ボディを保護しますし、

その良く滑るボディは、拭き取り時のクロスの滑りも良くしますので、

拭き取り作業が快適に、そして、拭き取り時のキズをも防ぎます!

 

 

いつも洗車で、

 シャンプー → 拭きあげ → コーティング剤塗布 → 拭きあげ

と、たくさんの工程が必要としてらっしゃる皆さま!

 

 シャンプー → 拭きあげ

 

ですんでしまう、最新技術満載のカーシャンプーはいかがですか??

 

 

コーティング屋さんにも、

 「これは反則!」

と言わしめる、裏づけのある性能です。

 

 

ご愛用いただいているお客様からも、

 

 虫汚れがものすごく取れやすい!

 雨の中を走っても、水滴がどんどん飛んでいって、ボディに残らない!!

 ボディの汚れが雨で取れる!

 洗車が楽になった!

 

と、皆さま効果を実感されております☆

 

GYEON在庫準備しておりますので、

ぜひお求めください!

 

 

 

 

 

E90 M3は、 3D Design パワステフルードカップ ご依頼いただきました。

 

 

純正のパワステフルードタンクのキャップを取り外し、

そこに、パワステフルードカップを装着いたします。

 

油圧パワステ装着車は、

キャップの圧力リリース口から、エアーとともにパワステフルードがにじむことがありますが、

 

こちらのパワステフルードカップを装着することにより、

パワステフルードとエアーを確実に分離した上で、エアーをリリースしますので、

キャップ回りがフルードまみれになることを防ぎます♪

 

 

 

 

 

E60は、 エンジンチェックランプ診断 ご依頼いただき、

 

 

6番シリンダーのイグニッションコイル不良と診断し、

イグニッションコイル交換 いたしました。

 

バラバラとなっていたエンジンが、スムーズな回転を取り戻しました♪

 

 

 

 

 

E46は、

 

水回り修理 いたしました。

 

水回り部品は、

主に、プラスチックゴムで構成されておりますので、

経年での劣化に加え、エンジンルーム内の熱による影響を受けますので、

確認されたクーラント漏れ箇所以外の場所も、

同様のダメージを想定し、一式の交換をおススメいたします。

 

水回りは、エンジン冷却の要です。

冷却水レベル低下での、クーラント補充の頻度が高い場合、

クーラント漏れが発生している可能性があります。

 

水回りのご相談は、TECH-Mまでお願いいたします♪