Posted on Posted in 平家ちゃんブログ

皆さま、こんにちは!

 

今日は、 Mフェスタ 当日でした!

会場は大盛況だったようですね☆

会場の模様は、また別ブログにてご報告いたします。

 

TECH-Mは、本日も営業しておりました♪

ご来店いただいた皆さま、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

F55は、 ステアリング マルチファンクションスイッチ 取り付けでご来店いただきました。

 

マルチファンクション非搭載のお車は、

カバーが装着されておりますが、

 

マルチファンクションスイッチ へ交換いたしました。

 

 

こちらのスイッチを機能させるためには、

コーディングによる有効化作業が必要となります。

私、平家 が施工いたしました。

 

作業完了後は、

右側のボタンで、

 

音量操作など、iDriveに関連する操作が可能となっております。

 

左側のボタンでは、

 

 

クルーズコントロールが新たに機能するようになっております☆

 

miniのクルーズコントロールは、

アクセルとブレーキの両方を制御しておりますので、

スピード制御も非常に正確で素早く、

一昔前のクルーズコントロールとは、完全に一線を画しております♪

 

マルチファンクション非搭載車にお乗りの方には、

是非おススメです!

 

 

 

 

 

E46は、 水回り修理 いたしました。

 

水漏れを起こしているホース類を取り外し、

 

 

交換いたしました。

 

 

 

 

 

 

E65は、 各種作業のご予約 いただきました。

 

 

 

 

 

R53は、 ホイールリペア 、 お車のメンテナンス でご入庫いただきました。

 

 

 

 

 

R56は、 バルブステムシール交換 でご入庫いただきました。

 

 

 

 

 

 

京都からお越しで、

お車お預かりの F82 M4は、

エンジンオイル交換 松コース 、 オイルフィルター交換 、 DCTオイル交換 、

DCTプレッシャーフィルター交換 、 デフオイル交換 、 ブレーキフルード交換 いたしました。

 

 

 

 

TECH-Mでエンジンオイル交換をされるお客様の9割の皆さまに、

松コースのエンジンオイルをご愛用いただいております!

 

エンジンオイル 松コースは、

TECH-Mがご案内するエンジンオイルの中で、

最上級のオイルという位置づけになります。

 

TECH-M代表自ら、分け隔てなく、さまざまなオイルを試し、

その中でもBMWエンジンとの相性が最も良いオイルとして、

10W-60 のものと、 0W-30 の2品種を選定。

 

この2品種のオイルを、お客様のお車とライフスタイルに合わせて、

 処方箋 とし、

最適な粘度になるようにブレンドいたします。

 

確実にエンジンを保護しつつ、エンジンレスポンスを向上させられる、

「ヌルッ」 とした、松コースオイル独特のエンジンフィールを得られます。

 

 

松コースオイルをご使用の皆さまは、

この独特のエンジンフィールを高くご評価いただいており、

 「こんなに滑らかに、軽快にエンジンが回るオイルは、他には無い!」

 「エンジンオイル変えたてのフィーリングが、いつまでも続く唯一のオイル」

と、皆さまにリピートいただいております♪

 

 

松コースオイルは、

真冬の冷間始動から、サーキット連続周回などの高負荷高回転まで、

常に、エンジンへ最高の潤滑を与える、

最高のロングライフエンジンオイルです!

 

 

まだお試しされておられない皆さま、一度お試しください!

きっと、やみ付きになりますよ♪

 

 

 

また、オイルフィルター交換の際は、

フィルターハウジング内に残ったオイルを吸い取った上で、

オイルフィルターを装填いたします。

細かいことではありますが、

なるべく、エンジン内に新油を行き渡らせるようにして、

気持ちの良い、エンジンオイル交換を心がけております♪

 

 

 

DCTオイル交換では、

 

使い込まれたDCTプレッシャーフィルターを抜き取り、

 

こちらの新品へ、交換いたしました。

 

フィルターの色の違いを見れば、

定期交換が必要な部品であることが良くわかります☆

 

フィルター交換後は、DCTオイルを注入し、

 

DCTの学習を実施しております☆

 

通常、車両コンピュータは、

そのお車の走行距離や走らせ方のクセなどを元に、

クラッチの磨耗量を予測して、

ミートポイントを自動的にアジャストしています。

 

しかし、

実際の磨耗量を測定しているわけではなく、あくまで予測なため、

次第に、最適なミートポイント位置と、

コンピュータが認識しているミートポイント位置にズレが生じてきます。

 

その状態が進行すると、

シフトアップ時、シフトダウン時のミートで、半クラッチのようなスベリ状態が起きたり、

ゼロ発進時の半クラッチ時間が長くなることから、

無用なクラッチの磨耗を助長しかねません。

 

そこで、TECH-Mでは、

SMGやDCTなど、

車両コンピュータによるクラッチ制御を行っているお車に対して、

診断機による、定期的な学習を実施させていただき、、

そのズレをリセットすることをおススメしております。

 

TECH-Mでは、DCTオイルやSMGオイル交換の際に、

同時施工させていただいております♪

 

 

 

また、デフオイル交換では、

 

F80 M3 , F82 M4 , F87 M2のデフオイルは、

かなり特殊なオイルとされており、

特に、F87 M2のデフは、

BMWが車両のデリバリーを一時止めて、デフオイルを再開発したほど、

使用するオイルを選ぶことが知られております。

 

そこでTECH-Mでは、純正デフオイルを使用しておりました。

 

しかし、

純正デフオイルは、1リッターおよそ1万円します。

 

そこでTECH-Mでは、

TECH-Mスペシャルブレンド デフオイルをご提供しております☆

 

このデフオイルは、

純正オイルと比べても、なんら違和感も無い、

コストパフォーマンスにも優れたデフオイルです。

 

定期的なオイル交換が必要な、M車のデフオイル交換は、

TECH-Mへご依頼ください♪

 

 

 

また、 コーディング戻し を、

私、平家 が施工いたしました。

 

GTSプログラミングを実施するためのディーラープログラミング作業にて、

施工済みのコーディングがリセットされておりますので、

再度コーディング実施しております。

 

 

 

また、 エアコンガスクリーニング いたしました。

 

TECH-Mのエアコンガスクリーニングで使用している設備は Snap-on製の最新機種で、

エアコン配管内の余計な水分や油分をはじめとする不純物を取り除き、エアコンガスを精練し直すことで、

エアコンガスの純度を99.97%まであげてくれます。

 

エアコンガスクリーニング後は、

このような実施レポートをお渡しいたします。

 

こちらの F82 M4 の場合、

********************

 本来充填されているべきガス量が 550g ですが、

 実際にガスを回収してみたところ 510g しか入っていませんでした。

 なので、

 純度99.97%のクリーニング処理をしたガス 510g と、

 ガス不足分の 40g を追加充填しております。

********************

というレポートになります。

 

1割弱のガス不足という結果でしたので、

比較的良好な状態だったことと思います。

 

そして、TECH-Mでのエアコンガスクリーニングの目玉が、

NUTECのエアコンガス添加剤 NC-200 を一緒に充填させていただくことです!

 

この添加剤は、

エアコンガスを圧縮する エアコンコンプレッサー の気密性と潤滑性を向上させるもので、

 

 気密性が向上することで、圧縮が良くなるため、

  → エアコンの効きが早くなる & 無駄な圧縮が減るため燃費が向上する

 

 潤滑性が向上することで、抵抗がなくなるため、

  → コンプレッサーの寿命が延びる & 駆動ロスが減るため燃費が向上する

 

という、高機能性エアコンガス添加剤なのです!

 

エアコンガス配管内やエアコンガスそのものの純度UPも、エアコンガスクリーニングの効果なのですが、

この添加剤があってこそ、より強く効果を得られます!

 

 

 

 

 

今日は夏日のような、とても暑い1日となりましたね!

 

季節はもう、春を迎えております。

暑い夏は、すぐそこまでやってきております!

 

エアコンフル稼働が始まる前に、

エアコンガスクリーニングで準備しておきませんか?

 

皆さまからの作業ご依頼、お待ちしております♪